5月中は、北海道という土地にも関わらず30度近い天気が続くことが多かったのですが、6月に入ってからというものの、季節が逆戻りしたかのように、寒い日々が多くなりました。

 今年も北海道の夏が来る頃なのかなぁ、なんて思ったのに、それはまだまだ先のことのようですね。


 夏服を5月に出したというのに、一旦をそれらをしまって、また冬服を出すことになろうとは。なかなか一年ほどの年月しか過ごしていない私には、度し難いものであります。基本重ね着がすきなので、嬉しいっちゃうれしいんですけどねー

 なるべくなら、薄着でいたくない(´・ω・`)


 さてさて、今年の夏は一体いつ訪れるのでしょう


◆ベアトップドレス:しばらくはこういうSSの方針かも
92 rera beatop
 先日のアップデートで配信された「エアリーエレガントサマー」にて登場した「ベアトップドレス」についての記事です。

画像クリックで公式サイトに飛びます
73 asteria gartar 1
 この記事でやっとクラリス達NPCのコスチューム以外のBaを紹介しきることが出来ました。何度も書いていますが、今回のスクラッチはレイヤリングウェアが豊富で、いろんなことを試したくなっちゃいますね。

 まあ、今回もOuは付けずにアクセやボディペイントで色々試してみましたが!!


◆ベアトップドレス

76 baretop 1
 このベアトップドレス、肩がむき出しでございます。そもそもベアトップドレスってなんぞやと思い、検索をかけてみると。


検索後一番上の記事から抜粋
「ベアトップ(bare top)とは、胸から上が開いた形状、肩をむき出しになったネックラインを持つトップスのこと。」(urlはこちら


 画像検索をかけてみた結果はこちらクリックでベアトップドレスの画像検索結果に飛びます


 以前「フリルワンピースが可愛いです!」という記事を書いたときにも検索結果で似たような見た目のワンピースを見ました。その時に、色々とワンピースについてかじったつもりでしたが、ベアトップという意味までは理解していませんでしたね~


 そもそも、このベアトップドレスの検索結果を見たときに思ったのが、外国人の女性が、モデルがよく着ているイメージ、だったのです。そんなイメージありませんか?
 生粋の日本人である私には、あまりなじみがないなーと思ったのですよね。このフェロモンを感じさせるようなコスチュームは奥ゆかしい日本人には、あまり好まれないのかなーと。


 パーティーやドレスアップの必要な場面ならともかく、普段着に着ている方(少なくとも私の周り)には全然いない(´・ω・`)


 なにより、これPSO2内でもそうなんですが、胸の大きいかたが着るとすごいんですよ。ちょっとね、直視出来ないね。


 そんなこんなでですね、いつも以上にコーデに悩みましたよ。なにせ直視出来ないわけですから。そう、谷がね、間がね。そんなわけで、耐性の薄い私でも着れるようなコーデを考えてみましたよ


  ベアトップドレスは見た目可愛いのに、その服の性質上私にとっては苦手な部類でした。でも、着たいよね。ということで、どうすれば着られるか一考。


 肩むき出しなのは、まだ大丈夫なのです。だけど、胸がねー。うちの娘達は大きいわけでもないし、隠したいんですよね。と思ったのです。
 Ouで全体を隠すようなコスチュームはオフショぐらいしかないですし、アクセも心もとない。そして、残ったのが・・・インナーですね。


◆ベアトップドレスとフリル1[In]

93 rera barertop 2
 色々と試してみた結果、一番似合うのはフリル1[In]でした。どうでしょう、なかなか可愛くないですか!?

 コス自体がもともと、胸元にフリルがあるように見えるので、私は気に入っています。まあ、後ろはひもが丸見えなんですけどね・・・


 私と同じように、ここまでの露出が苦手!!というかた、一度お試しあれ。以上、ベアトップドレスに似合いそうなインナーでした。


 あれ以上どうすることも出来ないと判断したので、載せましたが、冒頭SSに私は満足しておりません。
 あれは座る3をした状態で上を向かせるように、合成加工したのですが、あんまりうまくいかなかったのですよね。私のやり方が主流じゃないだけかもしれませんが、合成というよりも、自力で描いたというのが正しいのですよ。

 もちろん接合部の話ですが


 また、温かみのあるような、と言われてもピンとこないでしょうから、具体的に言えば「CLANNAD」のひまわり畑のシーンのような、感動的演出を目指したのです。がしかし、上手くいかなかったですね。

 一応真ん中のれらちゃんのみが写っているような加工であれば、一時間もかからずに出来るようになってきたので(ただの切り抜きと色合いの調整のみ)今後は冒頭SSのように物語性のあるSSも作っていこうかなーなんて思っているのですよ。


 つまり、何が言いたいかといいますと。拙い技術で、私自身満足出来ないSSを今後も貼ると思いますが、それは私にとっての練習であり、今後のためであるということ。そのうえで温かく見守ってほしいなーなんていう願いでした。


 もっと場面や雰囲気の出し方を上手くなりたい今日この頃。 

 それでは今日はこの辺で