今回は事情があるので、コメント受付ありにしました。ただ、私が確認後表示しますので、そちらはご留意ください。詳細は一番下に書いてあります。




※お詫び:コメントより、下の「加工に関して少々」にて書いたことが、不適切でありその書き方だと個人を特定出来るおそれがあるという注意を受けました。それに伴い、加筆添削をさせていただきました。不快な思いをさせてしまい大変申し訳ありませんでした。この反省を活かし、今後はこのような失敗を二度と繰り替えさないように注意いたします。





 今日でもう5月も終わりですね。今年度に入ってから、流れる月日がとても早いように感じます。

 何か月かごとに同じようなこと書いているような気もしますが

 たまには、のんびりと一日中読書をして過ごしたいものです。PSO2もリアルも忙しい=充実してると言えるけど、追い詰められていたらそれは息が詰まっちゃいますしね。


 というかですね、けっこう切実な話なんですが、去年の今頃(6月頭にブログを始めたのです)のほうが文章力が高い!!ぶっちゃけ文章が今より面白い!!

 以前は色変え品を変えというような工夫を文字にはほどこしてなかったのですが、それでも今昔の記事を読んでみると、最近書いている記事よりも文章が面白い気がする。


 これはなぜか、本を読んでいないからだ。私は、一昨年までは年間50冊以上は本を読んでいたんですが、こっちで一人暮らしをするようになってから全然読まなくなってしまったのですよ。忙しいのを言い訳にするしかないのだけれど。

 これは、また本を読んで語彙力やら文章の構成力を磨かないと、と思いましたね。 
 

 えぇ、単にたまった本を上記の理由で消化したいという、切実な願い別の観点からする愛海なのでした。

◆海岸チムルムでぱちり:黄昏時っていいよね(高解像度
89 ami sifon wanpi
 いつものテンプレです。
 
 1月にあるコメントを頂いてから始めるようにした、SS加工のTOP3選定です。毎月の恒例行事としていますが、初めて来る方もいらっしゃると思いますので(いてほしい(゜_゜))ルールをおさらいします。

◆TOP3加工SSを紹介をする上でのルール
・上手い下手もいいけど、自分の思い入れ好きなものを選ぶこと
・紹介したら、動機やシチュエーション、どんな加工をしたか軽く説明すること(要望があれば、元画像も載せます
・最後にネタ枠or惜しくもTOP3に入れなかったものを紹介
・これを次に活かすこと
・前回のTOP3から今回のTOP3SS記事の間に作ったものが対象
・Twitterに投稿し、ブログには挙げていないものも対象
・ 外部サイトついっぷるフォトにある、月別アーカイブより選別

 毎月懲りずにやっている、この加工SSTO3の記事です。さてはて、楽しみにしていらっしゃる方はいるのやら。

 まあ、それは置いておきまして、ここしばらくはコメントの受付を出来ないようにしてあります。そのコメントを受けない状態でこの企画をやる意味があるのか?と自問自答しました。
 ルールに書いてある第4項は、他人から意見をいただかないと意味がない要素だと考えるからです。


 私が一人で加工について反省するとき、それは技術的なほぼすべてを占めるわけですよ。それこそ、加工の仕方からSSの撮り方、撮ったSSの選別、加工にかかる時間、手を抜く箇所抜かない箇所等々、多岐にわたります。


 しかし、SSの感性的な部分では私の一人よがりで貧弱な感性では、どのSSが本当にいいなというのは分からないわけですよ。個人の思い入れや作ったときの充実感等の感情がないまぜとなった感覚で選べば、そりゃあ他の人が思ったことと違うものが見えてくるのは当然のことで。


 過去やってきたこの企画では、私が一位に選んだものよりも二位、ネタ枠を一位だと予想したというコメントが多々あります。そのコメントを見て、私はなるほどと毎回感心させられるのです


 あぁ、他の人から見たらそういう側面があるのかと。そのコメントを頂いたときに、私は心の底から嬉しさと感謝の気持ちを抱くのです。だって、私が一位に選んだものよりもこちらのほうがいいよと言ってくださってるんですよ、これほどの感覚の違いを喜ばないわけがない。
 
 なので、以上のことを考えて今月も、この企画をやるのか。


 やります( ゚Д゚)

 冒頭に書いた通りですので、上の言葉には横線を引かせていただきました。


 上でかなりくどくどと書いてありますが、結局恒例化したこれをやめてしまうと、私自身の加工に対するモチベが大いに下がると気が付きましたので、やらせていただきます。

 このTOP3を紹介するために、加工をしてブログやTwitterにSSを挙げていると言っても過言ではないでしょう。目的と手段が逆転していることなど知ったことなどありません、ようは何が何でも続けたい、つらくなろうがやるべきであると思うのです。じゃないと、綺麗なSSなんて出来ません。


 さてさて、前置きが長すぎるという非難の声が聞こえるようであります。コメントを受け付けないようになってから、とても自由に書いている気がする。いつもよりも筆が乗るとはどういうことだ、口調さえも違う気がする。要するにタガが外れたんですね、えぇ、本当はダメな奴ですわたしは。


 コホン、今月はこちらのSSから選びましたよ(外部サイトのついっぷるフォトに飛びます

 それではようやく第三位の発表です。


◆第三位:夕方のВерный

73 ver neko
 まともに昼SS→夕方SSに加工出来たと思うSS

 このSSを作っているとき、昼SSを夕方SSに加工するのが自分の中で流行っていたんですよ。ある作品の黄昏時を舞台にした場面がとても綺麗だったので、私も夕方にしてみたいなと思ったのです。

 実はこれキャラは艦橋で撮影しているのです

元画像がこれ
74 5 TOPSS3 1
 改めて、見比べてみたけど全然違うな・・・

 うん、比較画像を載せるのは面白いかもしれない。


◆第二位:メトリィ・アシン萌
82 katsuragi metory
 初めてコスチュームの色を変える加工をしたSS

 一度やってみたかった加工ではあるんですが、あと一歩のところが踏み出せなかったんですよね。メトリィ・アシンは、本気で緑色のSSが欲しいなあと思ったのでSSを作ったのでした。加工自体はわりと単純なのですが、緑の部分を如何にそれっぽく見せるのに苦労しましたね。

 何回色を変えたことか。爪とかつらすぎた

 ちなみにこれの元画像がこちら。
74 5 TOPSS3 2
 やはり比較画像あると面白い

 今後はこれもルールに追加でいいかも。自分で見てて参考になりますから。


 さて、一位の発表の前に恒例のネタ画像です。というか、今月はネタ画像がない。というよりも、ネタ画像をここ最近作ってすらいないんですよね。あはは


◆ネタ枠:メトリィ・アシンのポスター風

80 asin metry
 実は一番→のコオリを載せたくて作ったSS

 メトリィ・アシンのカラーをたくさん載せたくて作ったのもあるんですが、右にいるコオリを載せてみたいなと思ったのもあるんですよね。うちのブログは私以外のキャラをほぼ載せていないのですよね。他人のSSを撮るのって、迷惑がかかるしお互いに大変な思いをするので、嫌厭しがちだったんです。


 でも、このチムメンのコオリちゃんがとても可愛くて載せたい!!と思ったので、撮影に協力してもらったのでした。そして、快く協力いただいたのです。本当にありがとうございました!!

 
 さて、では一位の発表です。毎度書いていますが、今月はさらに予想しやすいものなのではないかと思います。二位ネタ枠ときて、一位はこれですよ。


◆一位:メトリィ・アシンcafeが開店!!

79 mito cafe
 チムメンに初めて加工SSに登場してもらったSS。

 上に書きましたが、他人のSSを撮るのは非常に大変なので、今までやってこなかったんです。ましてやそれが加工に関係してくるとなると・・・


 それでも、やりたくてしょうがなかったのがこのSS.私のキャラが店員でお客様がチムメンのみんなという構図自体が、もうとても嬉しい。
 また、快くお二人は手伝ってくれて、そのおかげもありかなり加工に力を入れることが出来たのです。

 自分で言うのもなんですが、今までで一番いいSSになったんじゃないかと思っています

 上位をメトリィ・アシンが独占しました。好きな衣装は、気合入れて加工できるんだなぁって、思いましたね。

 下から加工に関する愚痴のようなものを書き連ねています。もうTOPSS3については言及していませんので、興味の無い方はブラウザバック推奨です。

※お詫び:冒頭にも書きましたが、こちらでも書かせていただきます。コメントより、この「加工に関して少々」にて書いたことが、不適切でありその書き方だと個人を特定出来るおそれがあるという注意を受けました。それに伴い、加筆添削をさせていただきました。不快な思いをさせてしまい大変申し訳ありませんでした。この反省を活かし、今後はこのような失敗を二度と繰り替えさないように注意いたします。


 設定6が本格始動してから、一か月がたちかなりSS界隈は賑わっているように感じますね。その賑わいに負けないように、私も加工をしているわけですが。


 でも、実際加工をせずにSSを挙げている方たちのSSも綺麗であり、またキャラ達もめーっちゃ可愛い。私はそういうSSを見て羨ましいとも感じたりします。そのPSO2らしさは、PSO2まんまの綺麗さはもう私のSSにはないものなのだから。


 そうなんですよね。加工の恐ろしいところは、やっている本人が気が付かずに加工前よりも悪いものにしてしまう、加工前の良さを消してしまうことがあるということ。

 私はもう素の状態のSSを載せることに恐怖を覚えるレベルなのだけれど、普通にSSを貼っている人からしてみれば、何言ってんの?お前状態でしょうし。


 以前から加工SS勢に対し「なぜ加工をするのか」という認識があるようなのです。「自分のキャラに愛がないから加工をする」のだと思えるようです。

 最初は憤りを覚えましたよ、もちろん。ですが、普通にSS貼ってる人にとって加工している人って、そんな風に映っている場合もあるんだな、ということを自覚させられたのです。でも、加工しない人がなぜそのように思うのかは、考えてみてもよく分からないです。


 いやあ、ひどく悲しかったし、混乱しましたし、怒りも湧いてきました。なぜって、自キャラに愛がなかったら加工なんて出来ないと思うのです。好きすぎて好きすぎて仕方なくて、でも自分のPC性能やキャラクリ力、SS撮影能力じゃ、自キャラの可愛さというものを全部は生かしきれないと思って、どうしようもない先にあるのが、加工であると私の場合は考えるのです。

 これは自キャラに自信がないからとも言い換えることが出来るでしょうし、自分に自信がない、だから加工して、ごまかそうとする。だけどこれだけは言えますよ。自キャラに対する愛がありすぎるから加工をするのだと。


 ならば、加工せずとも良くなるように、もっとキャラクリを頑張れ?PC買い換えろ?撮影能力を磨け?やってるよ、やってんだよそんなことぐらいさ。やらないわけないでしょう。エステに籠るのなんて日課だよ、毎日キャラクリデータが増えて行ってフォルダがぱんぱんだよ。SS撮りすぎて、一日で20GB超えたことだってある。

 自キャラ愛がないだなんてことはないんです。ただ、その一点の感情が強すぎるんです。


 彼ら彼女ら私らは、自分の作ったPSO2の中のキャラに、さらに自分で手を加えるという個性を持たせたいんだよ。


 うん、これはコメントで意見いただいたほうがいい気がしてきたな・・・意志が弱いですね。



 今回はコメント受付できるようにしたいと思います。表示するかは、私が確認してから決めますので、危ない発言をして私に意見を申し出たい方でも大丈夫です。いただいたコメントはじっくり読ませていただきますので。
 また、表示させたくないコメントをなさりたいかたは、コメントの中で非表示にしておくれという一言を添えていただければ、表示いたしませんので。また、そのコメントに対する返事もしっかり書かせていただきます。返事はいらないというかたは、その旨お書きください。


 読み返してみたら、ただただ加工を認めて欲しいと言っているだけなような気がする。しかも、コメントェ…やはり私は意志が弱いですね。

 夜中に書いたから、テンションがおかしい。寝ましょうね

 それでは今日はこの辺で