ついに明日ですね!!

 これでカウントダウンSSも見納めとなりますね。いつもとは違う趣向でやってみたので、楽しかったんですけど難しい。文字をSSのなかに組み込むだけで難しいのに、そこに更に毎回違うバリエーションでなおかつ数字を進めていくというのは大変でした。

 でも、いい勉強になったかな?

◆EP4は明日!:最後はシンプルに
27 ami kauntodaun

※ネタバレを含みますので、続きを読むからどうぞ!!
 主人公イツキくんもだいぶPSO2に慣れてきたみたいで、SORO以外ともPTを組むようになりました。

 その一番最初の人物が彼。

◆茅野コウタくん:え、中二設定?
35 anime 3 3
 彼は所謂なりきり(違うかもしれませんが)プレイをPSO2で楽しんでいるようです。おそらくこのアニメの世界のなかの物語に出てくるキャラを演じているんだとは思いますが、これがかなりの厨二設定。

 私はこういうなりきり、NPCキャラを作って動かしているというものではなく、本当になりきりをしているプレイヤーと会ったことが無いので、いまいち感覚がよく分かりませんでした。

 しかし、ネトゲをやる上でみんながそのネトゲ用の仮面を被っているという意味では絶対にそうだと思います
 キャラクターなんていうと、具体的性を求められるかもしれないけど、少しぐらい理想の性格や話かたをしてしまうのは当然なんだと思います。元に私だって、リアルでは考えられないくらいいい子ちゃんぶってると思うし。

 それもロールプレイの一貫なのかなと今回の第3話を見て強く感じました

 私にはPSO2にリアルフレンドがいます。チムメンさんと実際に会ってオフ会なるものをしたこともあるし、アニメのイツキくんと同じように学校の友達とプレイしていたこともあります。

◆リアルとロールは正反対?
35 anime 3 4
 実際に会っているから分かったことなんですが、いつもは画面越しでしか会話や行動をしていないけど、実際にリアルで面と面を合わせてお話や一緒に行動してみると、ふとした瞬間に

 あぁ、この人は○○(キャラ名)なんだなって思えるんですよね

 そんなのは当たり前だと思うかもしれないですけど、でも本当に実感が出来るんですよ。

 第3話では悪質なプレイをする、通称「荒らし」が登場しましたよね。それでイツキくんは「リアルもPSO2もそこに人が居て繋がっているんだから」といって、ゆうちゃんを改心させようとしていました。

 そうなんですよね。画面先にもいるんですよね。私だって、PSO2やっててイライラすることもありますし、無意識に嫌なことを言っているかもしれない。効率のいい周り方をしたプレイだってするし、変なプレイをしている人には言及したりする。
 でも、その行動をするときに無意識にしろ意識にしろ相手がいるって感じないとだめなんだなぁって。

 第3話は、けっこう胸に来るものがありました。うん、いい話だったと思います。

◆ゆうちゃん:分からないでも無いんですよね、彼の行動原理。方法は間違ってるけど
35 anime 3 6

 第3話をアークスプレイマナー講座にいれればいいんじゃないかなと本気で思いました。ほんの少しであれ、くるものがあるんじゃないかと思うんですよ。

 というか、今回完全にアニメの感想じゃないですね。すいません。ここは一つ癒やしでもいれておきますか。

◆今週の会長
35 anime 3 2
◆今週の玄田さん
35 anime 3 5
 玄田さん(SORO)が可愛い。あ、ついでに会長も可愛い。

 ついにイツキくんにバレちゃった会長だけど、早めにバレてよかったんじゃないかなと思います。これで、コウタくんに取られて嫉妬せずにすむだろうし、学校のなかでも大好きなPSO2の話が出来るようになりますよ(それはどうなんだ)でも、会長ヘタレだからなぁ、心配だなぁ。

 というか、アイカさんが全然活躍してないんですけど!?登場してから次の話なのに放置って、どうなの!?
 アイカさんは物語の中枢を担ってそうなので、このままのんびりしててもいいのよ?

 
 さてさて、そろそろ締めようと思います。一言だけ書いて終わりにしますね。

 キャラ作ってたっていいじゃない、ネトゲだもの あみお

 それでは今日はこの辺で

◆ゆうちゃん×イツキもいいけど、イツキ×SOROもいいと思うよ?(駄目だこいつ
35 anime 3 1